増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和+のYouTube無料動画

ここはYouTube,MEGA,veoh等増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和+の無料視聴できるアニメ動画の紹介ページです。
YouTube無料アニメ動画館TOP

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和+


ギャグマンガ日和 上巻 [DVD]
増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和+ 概要
非常にシュールなギャグやブラックユーモアを盛り込み、全体的にダウナーな印象を与える一話完結型のギャグ漫画である。正式名称には増田こうすけ劇場というサブタイトルがついている。

歴史的有名人をキャラクターとして起用したり、名作のパロディや(主にツッコミにおいて)語彙の豊富な台詞を用いたりする一方、安直なネーミングを用いる、登場人物の多くは友達がいない、卑屈な性格である、奇妙な青春を過ごしている、他の漫画では絶対に主人公になれないようなキャラクターを主人公に持ってくる、(恐らくは辛辣なパロディとして)ステレオタイプな設定を臆面もなく多用する、天丼ネタが多いなどの特色を持つ。

最初期は雑誌の最後の方に載るため人気がないのではないか、終わるのではないかという疑念を持っていたと作者は単行本で語っていたが、その後人気は急上昇、単行本の累計発行部数は300万部を超える『月刊少年ジャンプ』の看板作品となり、付録まで付くようになった。そして2002年にジャンプフェスタで製作されたアニメが大きな反響を呼び、2005年にはテレビアニメがキッズステーションで放送され、2006年には第2弾、2008年には第三弾が放送された。また2008年の夏休みに全15回、冬休みに全3回のWEBラジオが配信された。

ジャンプショップでも、積極的に商品化が行われている。

『週刊少年ジャンプ』や『Vジャンプ』などにも読み切りや短期集中連載として掲載される事があり、2007年6月の『月刊少年ジャンプ』の休刊の際には『週刊少年ジャンプ』の2007年39号から一時的に連載が行われた。

作者が三重県出身であるため、三重の名前がよく出る。しかし特別三重県での物語は無い(なお、2007年10月から三重テレビでアニメが放映された時には、「原作者は三重県出身」と紹介されていた)。

またインターネット内ではMAD動画として他のアニメキャラに声を当てたバージョンが多く製作されている作品である、(聖徳太子や終末、ハリスインパクトなど)
(wikipediaより引用)



 ←動画を見る前に1クリック応援お願い致しますm(_ _)m

1話「ルノアールVSセザンヌ」



増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和+ 声優
うえだ ゆうじ
前田 剛
名塚 佳織
佐藤 なる美
内藤 玲
那須 めぐみ
矢部 雅史

【増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和+ 詳細情報をチェック!!】

【増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和+ グッズ情報はコチラ】
web拍手



↓ お好きなのに応援お願い致します。m(_ _)m ↓


Airwアニメランキング Airw動画ランキング にほんブログ村 動画紹介ブログ アニメ動画へ 人気ブログランキングへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

RSSリンクの表示
最近記事のRSS
  • seo
スカウター : YouTube無料アニメ動画館
ブログパーツ
フィードメーター - YouTube無料アニメ動画館
BBS7.COM
MENURNDNEXT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。